お酒むくみ

お酒を飲んだ翌日のむくみ予防の3つの対策

お酒を飲む場は楽しいもの。

 

ついつい飲み過ぎてしまって、翌朝鏡の中のパンパンになった顔を見てびっくり!って経験ありませんか?

 

お酒を飲んだあとの「むくみ」諦めてませんか?

 

ちょっと工夫すれば「むくみ」は予防できるものなんです。

 

まずは、アルコールと「むくみ」の関係をお話ししましょう。

 

飲んだ翌日にむくむ理由

お酒には利尿作用があるはずなのに、なぜむくむんでしょう?

 

アルコールには確かに利尿作用はあります。

 

でもそれは、アルコールという毒を体から排出しようとする作用として起こります。

 

体内では肝臓がアルコールを分解するのですが、分解には水が必要です。

 

お酒を飲むと喉が渇くのはそのせいです。

 

解毒のために肝臓が水を欲し、それに必要な分の水を飲めばよいのです。

 

でも、水は胃ではなく小腸で吸収されるものなので、小腸で吸収が始まり、脳に渇きが癒されたことが伝わるまでに時間がかかります。

 

お酒に酔っていると、脳の働きも鈍っているため、渇きが癒されると感じるまでに、必要以上に水を飲み過ぎている状態になります。

 

その飲み過ぎた余分な水が体に溜まってしまうのです。

 

お酒を飲む時間は、たいてい夜です。

 

つまり、余分な水分を溜めたまま、睡眠をとることになります。

 

睡眠中は、抗利尿作用が働いて、おしっこの感覚が鈍り目が覚めにくくなっています。

 

そうなると、朝まで余分な水分が体に溜まるため、それがむくみになって顔がパンパンという状態になるんです。

むくまないための対策

○水を飲みすぎない
お酒による喉の渇きに任せたまま水をがぶがぶと飲みすぎないようにしましょう。

 

まずはお酒を飲みながら、少しずつ水も飲むようにしましょう。

 

お酒を飲んだ後に水を飲むのなら、少しずつしか出ないように飲むために、ストローやマイボトルなどを使いましょう。

 

これで、水の飲み過ぎを防止することができます。

 

○おつまみに注意
脂っこいものや塩辛いおつまみは、喉が渇きやすくなるため、こちらも水を飲みたくなります。

 

おつまみには、海藻サラダ、野菜スティック、果物など、カリウムが多いものを選ぶと効果があります。

 

○適量を守る
まずは、お酒を飲みすぎないことが大事。

 

厚生労働省で出している指針の中では、1日平均純アルコールで約20グラム程度、と謳われています。

 

具体的な量に直してみると、ビール500ml(中ビン1本)、日本酒180ml(1合)、焼酎90ml(0.5合)、ワイン180ml(1杯半)が相当します。

 

 

むくんでしまった時には

それでも何も気にせずお酒を飲みたい時には、翌朝1時間の早起きをしましょう。

 

早く起きた時間を使って、お風呂につかって汗をかき、余分な水分を排出させます。

 

できれば他の水分は摂らないようにして、出すことだけを意識しましょう。

 

マッサージやストレッチ、軽い運動を行うのも水分の排出には効果があります。

 

その後は、桑の葉茶、ハトムギ茶、黒豆茶など利尿作用が高いお茶を利用して、身体に溜まった余分な水分を出しましょう。

 

ちょっと工夫するだけで、翌朝のむくみは変わってきます。

 

人から昨日飲み過ぎたね、なんて言われないよう、むくみ対策をしっかり心がけましょう。

お酒によるむくみ解消法

お酒が入ると、ついつい楽しくなって飲み過ぎてしまいがち。

 

翌朝後悔することが多いですが、むくみもアルコールの影響で起きています。

 

お酒によるむくみの原因

お酒を飲む場にも色々あって、仲間との飲み会、友人と、会社の忘年会などの宴席。

 

お酒を飲んだことでの弊害にも色々ありますが、お酒の席が増えれば、その影響も大きくなると考えられます。

 

お酒の影響は飲んだ翌日に出てくるもの。

 

顔がむくんでいたり、手や足など全身がむくんでいるという経験はありませんか?

 

二日酔いになっていたら、むくみを気にしている余裕も無いかもしれませんね。

 

お酒の飲み過ぎは、必要以上に水分を溜めこみやすくなり、肌の水分や皮膚細胞を膨張させ、腫れぼったいむくみになります。

 

その理由はアルコールの利尿作用。

 

利尿作用によって、身体が脱水症状になり、水分の吸収が早くなります。

 

それにお酒の席でのおつまみもアルコールと一緒にとるのはとても美味しく感じます。

 

また、お酒にあうおつまみは、脂っこいものや塩分の多いものが多く、ついついタンパク質や塩分の摂りすぎになります。

 

アルコール以外にも、おつまみもむくみやすい状況を作ってしまうのです。

 

お酒の席でのむくみ予防

お酒を飲んだ翌日にむくみが起きます。

 

むくんだ後に対処する方法もあります。

 

でも、むくむ前のお酒の席で予防できるなら、翌日のむくみを押さえられて楽ですよね。

 

次の日むくみたくない時もあるでしょうから、飲みすぎないようにするのと合わせて、お酒の横に水分を注文して用意しておきましょう。

 

水分を少しずつ補給していくことでアルコールの脱水症状で水分代謝がうまくいかない状態を予防するのです。

 

アルコール自体には利尿作用があって水分を摂りながら飲むとトイレの回数が増えるでしょうが、どんどん行くようにしてください。

 

尿として排出できれば、分解も早くなります。

 

むくみへの対策のポイントは、身体の中に水分をためこなまいようにすること、です。

 

脂っこいおつまみや塩分の多いもの、肉類のおつまみを控えて、野菜や果物を沢山摂りましょう。

 

チーズなどもお酒に合いますが、控えめに。

 

調理法も揚げ物より、生物、焼きもの、煮物を選びましょう。

 

そして、お酒はがぶ飲みしないで、少しずつ飲むこと。

 

そして、夜更かしや、朝まで飲むなんてことを避け、適度に引き上げて少しでも睡眠をとりましょう。

 

 

お酒によるむくみ解消

予防策をとっても、むくみが起きる可能性はあります。

 

まずは、身体の中の不要な水分の代謝をさせて、身体の外に排出させることが必要。

 

そのためには、水をしっかり飲むようにしましょう。

 

二日酔いがひどいなら、逆に早く起きて、ゆっくり入浴できる時間を作りましょう。

 

ただ、まだお酒が残っているようなら入浴は控えることも必要。

 

そうでないなら、お風呂でしっかり汗をかいて余分な水分を排出させるのです。

 

蒸しタオルを使って、顔を覆うようにすると汗をかきやすい状態にすることができます。

 

血行をよくするマッサージを合わせて行うのも効果的。

 

手足をブラブラさせるだけでも、違ってきます。

 

まずは、首をグルグル回す柔軟体操から始め、ラジオ体操ができるくらいが目標。

 

ラジオ体操なら必要な運動が無駄なく入っていて難しくないですし、無理がありません。

 

少しゆっくり目に行いましょう。

 

顔の体操も効果があり、筋肉を動かすと水分を排出する作用が上がり、血行もよくなります。

 

元気なら、むくんだ部分を氷で冷やす方法が即効性があります。

紹介したいサイト集

勃起サプリ・・・・勃起しないなぁっと困ってる人は男性ホルモンが減少してるかの可能性があります。勃起力を回復させ、いち早く勃起させるためには勃起サプリが必須となります。食品から男性ホルモンを生成さえる成分を取るのは無理がありますからね。勃起サプリ参考にしましょう。

更新履歴